看護師の「激務な日常」「仕事で活きる豆知識」「失敗しない転職方法」について情報発信!

現役看護師が解説!新人看護師が転職を考える6つの理由

現役看護師が解説!-新人看護師が転職を考える6つの理由

思っていたよりも看護師の仕事は辛く厳しい…
新人看護師が転職したい理由が知りたい
転職したら少しは楽になるの?

看護師

こんなお悩みにお答えします。

新人看護師が転職を考える理由は、人間関係から給料の良し悪しまで様々。

そして、新人看護師でも十分転職はできます。

この記事で解説することは、以下の通り。

  • 新人看護師が転職を考える6つの理由
  • 転職に迷った際の対処法

筆者のプロフィール画像

辛い新人看護師時代を経験したからこそ伝えられる内容になっています。

最後まで読むことで、あなたが転職したいと思った理由や対処法がわかります。

新人看護師が転職を考える6つの理由

新人看護師が転職を考える6つの理由
新人看護師が転職を考える理由は、以下の6つ。

  1. 人間関係
  2. 責任の重い
  3. 業務量の多さ
  4. 給料が安い
  5. 婚期を逃す
  6. 不規則な生活

では、1つずつ解説します。

1. 人間関係

人間関係が辛くなる理由は、以下の3つ。

  • 陰口や噂話
  • 粗探しが好きな人がいる
  • 人によって態度を変える人がいる

しりんじ

特に新人看護師はスキルも知識も未熟だから、目をつけられやすい
少し失敗しただけで、すぐに陰口を言われるのが辛いよ

看護師

先輩看護師

早く成長して即戦力として活躍してほしい気持ちが空回りして、つい陰口を言う先輩もいます

しりんじ

信頼できる先輩や同期に相談や話を聞いてもらうだけでも気持ちが楽になるよ

2. 責任の重い

責任が重い仕事と感じる理由は、以下の3つ。

  • 少しの失敗が患者の命に直結する
  • 常に緊張感がある
  • 責任の所在が明確

看護師は注射や呼吸器の管理、急変対応など常に緊張感と戦いながら仕事をしています。

たった1つのミスで患者の命を危険に晒す可能性もあり、プレッシャーは計り知れません。

しりんじ

スキルに自信がなければ、先輩に相談しながら実施することでミスを予防できるよ

3. 業務量の多さ

業務量が多い理由は、医療処置以外にも看護業務は多岐に渡るため。

看護師の業務の一例

タイトル
  1. 医療処置
  2. 心身のケア
  3. 入退院処理
  4. 退院支援
  5. 委員会
  6. 院内外の研修への参加
  7. 研究発表…etc
学生時代に想像していた看護師の仕事とは違う…

看護師

しりんじ

業務量の多さからリアリティショックになる新人もいます

一つひとつの業務に慣れながら、徐々に要領よくこなせるようになるしかありません。

4. 給料が安い

給料が安いと感じる理由は、以下の3つ。

  • 仕事の責任が大きい
  • 夜勤や祝日出勤など不規則な勤務
  • 休日も研修に参加しなければいけないことがある

厚生労働省/看護師の平均年収

しりんじ

夜勤や不規則な勤務が強いられる看護師の仕事で、この給料が少ないと感じる人も多いようです

5. 婚期を逃す

婚期を逃す可能性もあります。

特に新人が一人前と言われるまでには、3〜5年がかかります。仕事を覚えたり、研修に参加したりと新人看護師は多忙…。気付いたら婚期を逃したと後悔する人も多いようです。

結婚後も続けられそうな職場に転職するのも対策の一つ!

6. 不規則な生活

 

不規則な生活に慣れないことも転職を考える理由の一つ。

看護師は夜勤や休日出勤など一般職とが異なる勤務形態です。

夜中や早朝からの出勤などもあり、生活リズムを整えるのも一苦労…。

不規則な勤務に慣れず、転職を考える場合もあります。

対策
  1. 外来に異動希望を出す
  2. 夜勤のない転職先を探す
  3. 不規則な勤務と自分なりに付き合う

3つの対処法【転職に迷っているあなたへ】

 3つの対処法【転職に迷っているあなたへ】
転職に迷う新人看護師がとるべき対処法は、以下の3つ。

  1. 相談
  2. 休暇でリフレッシュ
  3. 部署異動

仕事をしながらの転職は負担も大きいため、この章で解説する対処法に挑戦してみてください。

相談

相談するメリットは、以下の2つ。

  • 気持ちが楽になる
  • 客観的な意見をもらえる

おすすめの相談相手は、以下の通り。

  • 家族
  • 同期
  • 信頼する先輩

それぞれのメリットは、以下の通り。

家族
  1. 気兼ねなく相談できる
  2. 相談内容が職場にもれることはない
同期
  1. 同じ悩みを抱えている可能性が高い
  2. 共感できることが多い
  3. リアルな対策が聞けそう
信頼する先輩
  1. 経験を踏まえた的確なアドバイスがもらえる
  2. 職場でサポートしてもらえるきっかけになる

しりんじ

1人で悩んでも解決しないので、誰かに相談しよう!

休暇でリフレッシュ

休暇でリフレッシュしましょう。

職場から離れ、心のメンテナンス期間を設けてもOK!

仕事が辛くて出勤できなくなると元も子もないので。

また看護師のキャリアを諦めるのはもったいないので、しっかりと休息期間をとるのも選択肢の一つ。

部署異動

部署異動の希望を出しましょう。

転職したい理由が解消する部署なら今の職場で続けられるからです。

希望する際のポイントは、前向きな理由で希望すること。

例えば
「取得したい資格に向けて」「不規則な勤務で体調不良になるため。でも続けたいから」など、悪い印象を持たれない伝え方を意識しましょう。

まとめ: 新人看護師は転職前にできる対策がある

まとめ
転職は環境を変える絶好のチャンス!

でも大変な新人時代の中、転職活動をするのは心身ともに負担が大きいのも事実。そして転職後も新しい環境になれたり、一から仕事を覚えたりするのは大変です。

だからこそ今の職場で留まり、キャリアを積み重ねられるなら、それに越したことはありません。

それでも転職をしたいという方には、以下の記事が参考になります。エージェントを利用するとスムーズな転職ができます。
新人看護師でも転職できる【理由・成功するためのコツ・おすすめの転職先を解説】 あなたが看護師を続けていく最良の選択をするために、この記事が参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。